Day15 スミソニアン自然博物館の恐竜と宝石の世界

8月19日

ホステルで特に何もなく夜が明ける。
出会いも別れもないホステルというのはむなしい。まぁ何はともあれ今日が最後のワシントンD.C.観光!(いつのも事だが。。)

テロ屋のおかげでワシントンD.C.の政府機関、ホワイトハウスとか国会議事堂、リンカーン記念碑などもセキュリティーチェックが厳しくなり見学できるかかなり難しい。ホワイトハウスなんてアメリカの学生が事前に予約していなければ見学できずに、まったくもって不便です。


ホステルから一番近い(歩いて30分ぐらい)のところにFBI本部があります。もともと見学コースがあるんですが、テロ屋のおかげで、見学できるかどうか不明。ちなみにペンタゴンは見学不可。


とことことこ~


FBI本部に到着!


FBIの歴史

一般人達が並んでおります。見学できるのかなと~、ということで俺も並びます。
近くに立っている看板を見ると“見学可能、でも銃の実射はしないかも。”だそうです。

30分ほど列で待ってから中に入る。最重要指名手配とかいろいろ説明して、凶暴な母親と、その子分で息子との銃撃戦なんかも紹介しています。ついでに日本のヤクザについても説明があり、指をつめることで自分の失敗の責任を負うとか言っております。

ガイドさんはFBI本部にある数千種類の銃達を自慢げに誇す。実射がなかったのが心残りです。

FBI本部にも、お土産屋さんがあり定番のものがおいてあります。
日本人の家族がそこにいてなにやら買おうとしています。どうもレジの後ろにあるトレーナーが買いたいらしく女の子が一生懸命に「トレーナー、トレーナ」と言って店員にそれを指差しています。

トレーナーでは通じません。
英語でトレーナーという意味は運動選手などをコーチする人のことしかさしません。
服のトレーナーを言いたい場合は“sweat shirt”といいます。





一応FBI見学終了。

とことことこ~次は国会議事堂へ向けてGO~。




歩いてさらに20分、国会議事堂到着!


国会議事堂



鳥 by 国会議事堂



安心しきった鳥。距離2mで撮影。
こいつはヤガモという言葉をしらんらしい。



仲良く毛づくろい~


ケネディの大統領就任演説はこのあたり。
“この国があなたのために何をなしうるかを問い給うな。自分が国のために何をなしうるかを問うてほしい。”(ケネディの大統領就任演説)

ちなみにフォレストガンプにこんなシーンがあったそうな。


国会議事堂を見学したいんだけど入り口が見つかりません。正面のドアにはここは出口のみのドアですと書いてあるし。国会議事堂の周りを1周してみる事に。途中でホットドックを買いエネルギー吸収。


議事堂を回っている途中で見つけた議事堂図書館。物のついでに撮っておく。


国会議事堂を1周し終えてしまった…。まったく入り口というものを発見できなかった。議事堂の正面に来て、さてどうしたものかと考えていると、どこぞの人が出口専門の正面のドアから出てくる人になにやら聞いております。

どこぞの人「どうやって中に入るんだい?」
でてきた人「整理券持ってます? 持ってなかったら入れませんよ。私は今日の朝8時にならんで昼の1時の整理券をやっと手に入れたんですよ。」

…国会議事堂見学、断念。





歩いて10分、スミソニアン自然史博物館へ。


スミソニアン自然史博物館のホームページ→スミソニアン自然史博物館 1億2400万もの様々な標本を所有しています。




~化石編~


トリケラトプス、だよね?



ティラノザウルス?



あなたはどなた?



マンモスっぽい



イルカ??



誰かがこれは犬かな?と尋ねていました。
犬には角がないともう1人の人が突っ込んでいました。





左から、俺、ゴリラ、チンパンジー。
どっちがゴリラかチンパンジーか??



“老人と海”で出てくる魚の成れの果て。



モンキーズ。


どなたか化石の名前について知っている方がいましたら教えて。
ちゃんとメモっておけばよかった。





~宝石編~
























宝石の美しさをはじめて知った。いままで何で女の人は宝石何かほしがるのかわからなかった。でも、これを見ると納得どころか、それがほしくなる。魔性の宝石。今まで感じた事が無い何かが、そこにあり、それに魅かれます。ここにある宝石は全て宝石的にも歴史的にも価値があるものです。値段はタイムレスー。



そしてスミソニアン自然史博物館の目玉!
魔性のブルーダイヤ、ホープダイヤモンド

ホープダイヤは45カラットありブルーダイヤとしては世界最大のカラット数です。俺は“ホープダイヤ”のホープとは最初、希望の意味だろうと思いました。でも、調べてみると、ホープという人が持ち主だったから、その名前が来たそうです。

ホープは、そのダイヤを買った数年後に破産、ホープも死亡しました。そして数年後には彼の一族までも地に落ちました。詳しいホープダイヤの所有者のいきさつは下のホームページを参考してください。


魔性のホープダイヤの由来


タイタニックで出てくる碧洋のハートのモデルになったのが、このホープダイヤ。詳しくは→『タイタニック』 - 碧洋のハート




スミソニアン博物館、見学終了。宝石に魅せられて少し変な気分。


リンカーン記念碑を見学したいところですが、整理券が無いので見れるわけも無く、写真だけパチッ。


リンカーン記念碑 マーティン・ルーサ・キング・ジュニアがここの根元で演説したそうな。「I have a dream」と。


ホワイトハウスを見学できないけど、写真だけでも撮るかということでホワイトハウスへ向かいます。
普通に発見。

は? 広い庭に白い建物がポツッとたっているだけじゃねえか。つまらん。一応写真を撮ったけれども、写真を載せる価値もなし。




時間も夜の6時。(まだまだ明るいですが)
見たいところも見終えて、ワシントンD.C.観光はここで終了。そして東海岸もこれでお別れ。預けていた荷物をとりにホステルに戻ってから、グレイハウンドバスターミナルへ向かいます。

荷物がいつもよりも重い、そんな感じです。




無事にグレイハウンドバスに乗り込み、次の目的地、アトランタへ。