Day4 科学産業博物館 in シカゴ

8月8日

科学産業博物館へ。



科学産業博物館。

シカゴの科学産業博物館には第二次世界大戦中にアメリカ軍により拿捕されたU-505(ドイツ軍の潜水艦、ユーボート)があります。なんちってエンジニアの僕にとってU-505の中に入れるのはうれしい事です。

アメ人に捕まったときのU-505。


U-505 魚雷発射ー

そして、なぜかU-505の近くに日本物の新聞が...

こういうのを見ると嬉しくなってしまうのはダメですか?


次に見たのは、ひよこ達~。


ひよこ~。

生まれたて~、
もしくは弱りきったヒヨコに水をぶっかけた写真~。



人間物特集。

人間の輪切り、脳みそ、そして心臓。見たくない人は、スキップ←クリック













これだけー。
ミズキさん(次の日、出会った人)によりますと、中国の博物館には、人間の輪切りはもちろん、人間の赤ちゃんの頭とか、手首とか、大人の男と女がホルマリン漬けにされて展示されているとか...。そこには、夏休みの自由研究とかで中国人のガキ達がワイワイはしゃいでいるとか...






その他。


20年ほど前に飛んでいた飛行機のコックピット

なぜか日本のやぐら時計が置いてある。徳川10代将軍、徳川家治からもらったものだそうです。名古屋城にあったものを奪って、いや、もらってきたんだとさ。

昔のアメリカの鉄道。ここにいる黒人のガイド君、ドナルドダックのような人だった(謎





総評:産業科学博物館は予想外に楽しめ、半日の予定がここで1日費やしてしまいました。若いカップル、親子連れ、老夫婦。1人ものは俺ぐらいやー、と思いながらも1人で楽しむ俺。

ふと思う、いやかなり思う、親子連れにいる白人の小さい女の子ってめちゃかわいいー、と思ってしまうのは私だけかな?


人さらいしたくなる今日の1日はこれでおしまい。