TOEFLスコアアップのためのお勧めテキスト

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

留学しても伸びないものが1つ

文法

リスニングとリーディングは何も言わなくても留学生活を送っていればおのずと伸びます。 リスニングは、英語を聞いてれば勝手に伸び、リーディングも英語を読んでれば、勝手に伸びるからです。 しかし文法だけはどうにもなりません。

前置きはこのくらいにして、TOEFLのスコアアップのためのお勧めのテキストを紹介します。

ステップ1

簡単にスコアアップが狙える文法を対策!
文法というのは他のリスニングやリーディングにくらべて、短期間でスコアをあげることができます。 文法はあるいみ暗記ですからね。 中途半端に長い期間、文法を勉強するのはやめましょう。 ここは一気に覚えてしまうのが得策。(1ヶ月くらい)

TOEFL TEST対策完全英文法
阿部 友直

発売日 2000/10
売り上げランキング 2,775
おすすめ平均
うーん・・・
自分でまとめることが鍵となる
充実した内容

Amazonで詳しく見る4887840047
この本の特徴は、“長い”です。 すべてを網羅するあまりに、700ページ近いページ数になっています。 じつにこれを網羅するには、一ヶ月以上かかると予想されます。 どこが重要な場所(テストに出やすいか)というのが、自分で要点をまとめない限りは、長すぎてわからなくなります。 しかし、その一方、TOEFL文法を完全網羅できるという点があります。 この本の使い方は、自分が間違った文法の箇所を調べるテキストとして、TOEFLの文法の辞書的な役割を担うのが1番いい使い方だと思います。


TOEFL文法問題440―600点突破をめざして

島崎 美登里

発売日 1997/06
売り上げランキング 13,378
おすすめ平均
若干偏りがある
以前ほど直接点に結びつかないけれど、それでも、なお良書であることに変わりません。
解説をもう少し細かく!

Amazonで詳しく見る4010933232


文法のスコアを手っ取り早く上げる方法は、文法の問題を解き、間違ったら、なぜ間違ったのかを調べ上げ、それを自分のノートにチェック。 2度と間違わないようにします。 TOEFLの文法の問題形式には限りがあり、この本のように440問も文法問題があれば、TOEFL文法のほとんどをカバーすることができます。間違った箇所などを完全英文法などの分厚いTOEFL文法書などを見て、自分なりの文法ノートを作ってしまうのがよい方法です。


ステップ2

英単語力をあげる。

英単語をより多く知っていれば知っているほど、相対的にTOEFLのスコアがよくなります。 英単語は一気に覚えることは難しいので毎日コツコツ増やしていきましょう。1日10個くらい増やすのが適当かと思います。

TOEFLテスト英単語3800
神部 孝

発売日 2002/10
売り上げランキング 3,515
おすすめ平均
初心者から上級者まで!
極めて実用的
改訂版だ~!

Amazonで詳しく見る4010933461
日本にいた時から持っていた英単語の本です。 (私が持っているのはこの単語帳の古いバージョンですが。) ちなみに、今の私の英単語レベルはランク4の単語の半分くらいは意味が分かる程度のレベルです。 私のTOEFLのスコアが600(CBT250)くらいなので、この本のレベル分けは大体うなずけます。 初心者から上級者(上級派の人は、この本をさら~っと流す程度になると思いますが)までお勧めのTOEFL英単語帳です。


個人的に(TOEFLのテストとは関係なく)お勧めなのが

Merriam-Webster's Vocabulary Builder

Mary Wood Cornog



発売日 1994/08/01
売り上げランキング 3,536
おすすめ平均
結構使える本です。
デザインも内容も最高です
読める単語集

Amazonで詳しく見る0877799105


TOEFL600を越えるような人、もしくはACTなどを受ける人にお勧めします。 英単語をラテン経由(英単語の8割はラテン経由から来ています)でまとめられていて、その例文も、日常生活の実際のニュースから出しているなど、読んでて飽きない単語集になっています。ランク別にランダムに並べられた英単語集ではなく、非常に覚えやすい構成になっています。 (覚える英単語の意味も英語で書かれています、英英単語帳かな?)


ステップ3

リスニングとリーディングセクション
これに関しては、私はあまりいえることはありません。 事実私は日本にいるころ、この2つのセクションを延ばすことが出来ませんでした。 今の私のレベルでいえることは(アメリカに留学して3年)、TOEFLのリスニングとリーディングは非常に簡単ということです。 リスニングは、話し手がはっきりと会話してくれるので聞きやすく、リーディングは問題文が簡単なので文章そのものが理解できなくても、正解することができるのです。 アメリカで日常的に英語を聞き(話し)、明日までに30ページ読んで来い~っていうような宿題をこなしているうちに、こんな状態になっていました。

リスニングとリーディングセクションのスコアを上げるには、できるだけ英語を聞き、そして英語を読む。 これにはスコアアップの近道はないような気がします。

お勧めは、英字新聞を読みことぐらいかな。 日刊では、続けることはかなり厳しいと思います。 週刊で出している英字新聞があるので、それを購読してみるのが手かと思います。
英字新聞を週刊で読む (The Japan Times)

リーディングはラジオの英語ニュースを流し続けるぐらいしか思いつきません。(いつも耳を傾けるのは疲れるので、たまにちゃんと耳を傾けて清聴するぐらいの感じで)


いちおう、ちまたに人気のTOEFL対策のリーディングとリスニングのテキストを紹介しておきます。


TOEFL TESTリスニング完全攻略―Computer‐Based Testing対応

宮野 智靖, Joseph T.Ruelius, 木村 ゆみ

発売日 2002/06
売り上げランキング 4,161
おすすめ平均
傾向と対策から実践模擬まで量質ともに十分
さすがにいい本でした
嗚呼、楽し

Amazonで詳しく見る4876150699


TOEFLテスト パーフェクトリーディング

神部 孝

発売日 2000/08
売り上げランキング 2,144
おすすめ平均
TOEFLのリーディングを知る為に!
CBT対策におすすめです。
リーディングの解法のパターンを良く分析している一冊

Amazonで詳しく見る4010934298


ステップ4(ラストステップ!)

逃げていいですか?
って聞きたくなるのが、ライティング。
皆さんはがんばってください・・。
(私はなんも用意せず行ったら3点か4点ぐらいしか取れなかった・・)

CBT受験決定版 TOEFLテスト必修ライティング攻略ゼミ
Park Kwang‐Heui, MHRプランニング, Lee Chung‐Hyun, Angela Rawson

発売日 2001/10
売り上げランキング 4,068
おすすめ平均
表現力不足の人に有益
よい本 一般にライティング力をつけたい人にも
なかなかですね!

Amazonで詳しく見る4894718502