アメリカ CA州で運転免許をとる

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
バスとかはしってますけど、やっぱりアメリカは車社会。
そこでCA州の免許を取るプロセスを紹介しましょう。

大まかな流れは次の通り
  1. 勉強する
  2. ペーパーテストを受ける
  3. 運転の練習をする
  4. 路上テストを受ける


勉強する

仮免がもらえるペーパーテストをクリアするためと、安全に運転するために、まず、アメリカの交通法規を学びましょう。日本とはいくつか違う点があります。なお、普通車の免許はClass Cという分類になります。

DMV(Department of Motor Vehicles)にいくとHandbookが有るので、これを読んでおけば簡単にペーパー試験はクリアできます。

よく、日本人向けの電話帳の裏にテスト問題があるとか言ってる人がいます。それは事実ですが、時期や場所によっては入手困難です。行きつけの保険屋さんのサイトにDMVの問題があったので下の方にリンクしておきました



ペーパーテストを受ける

パスポートにI-20をもってDMVに行きましょう。テストにうかると1年有効な仮免許が発行されます。

--http://www.dmv.ca.gov/dl/dl_info.htm の一部の日本語訳--
しなければならない事
  • DMVのオフィスを訪れます(予約を取れば、すばやいサービスを受けられます)
  • DL 44 という書類を記入します(DL 44の原本が必要で、コピーは認められていません)
  • 指紋を採ります
  • 写真を撮ります
  • 社会保障番号(Social security number)を提出します*1。あなたがDMVにいる間に社会保障庁(Social Security Administration)が番号を確認します。
  • 誕生日と、legal presence(滞在資格?)を確認します*2。
  • 申請代金として$24支払います
  • 視力検査を受けます*3
  • 交通法規と、交通標識のテストを受けます。テストは36問あり、三度まで受けられます。
--訳終了--
訳注
*1 学生は基本的にSSNが取れませんので、Social SecurityのOfficeにいって学生なので、SSNは発行できないという手紙をもらう必要があります。LAだとWestwoodにあるFederal Buildingに有ります。
*2 パスポートとI-20が必要です。
*3 メガネ、コンタクトレンズが必要な人は、つけてくるか、持ってきましょう


運転の練習する

仮免が発行されると、25歳以上でCA州の免許をもった人が同乗している場合にかぎって、路上で運転できます。学生で25歳以上の知り合いというのは難しいばあいが多いのでDriving Schoolを頼むとよいでしょう。大抵は自分の家まで迎えにきて、そこから一般道で講習という事になると思います。

赤で右折する際に、歩行者、チャリを轢かないでください。kyosuke様の切実なお願いです。もちろん、右折に限らず轢かないでください。



路上テストを受ける

電話で予約を取ります。Santa Monicaなどは混んでいる事が多いので周りのDMVを調べてみましょう。DMVに向かう際にも25歳以上でCA州の免許を持っている人に同乗してもらう必要があります。国際免許ではダメです

車の方向指示器、ライト、ランプ等がきちんと動いていないと試験を受けさせてもらえません。左折・右折・減速または停止の手信号が出来なければいけません。また、保険に入っている必要があります。

試験中に試験官が危ないと判断すれば試験は中止です。試験中は試験官の指示に従って移動します。試験官はつねに、採点のため紙に書き込みをしていますが、悪いから書き込んでいるわけではないので、気にしないようにしましょう。



行きつけの保険屋さん
The Jonathan Agency: hiromiさんは日本語を話してくれます。
The Jonathan Agency - DMV Practice Tests