海外送金最適化! 日本=アメリカ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

海外へお金を送金する(受け取る or 持ち込み)には、大きく分けて4つの有効な方法があります。


送金(or 持ち込み)方法 手数料 利便性 利用者
トラベラーズチェック 1番安い 一時的 短期、長期滞在者向け(限度額?)
国際キャッシュカード 非常に高い 非常に良い 短期滞在者向け(5万未満)
シティーバンクの海外送金 安い 良い 長期滞在者向け、大量送金型(50万円以上)
JCBの送金名人( or 郵便局 ) 安い 良い 長期滞在者向け、少額送金型(5万以上50万未満)



トラベラーズチェック


基礎知識
トラベラーズチェック:海外の旅行先で現金と同様に使用できる小切手(By Goo)

普段私たちが見ている為替は中値で表示されています。 海外送金をする場合、その中値に+1円足した金額でドルに換算されて送金がされます。 この値(中値+1)のことをTTS(Telegraphic Transfer Selling Rate)といいます。 銀行によってTTSが違う場合がありますが、今のところ中値+1円というのが私が見た中で1番安いTTSです。シティバンクなどが+1円です。

トラベラーズチェックを購入すると、これらの+1円というレート(TTS)が基本的に違います。 てっとりばやく簡単にいうとTTSよりも安くドルを買うことが出来るのです。 いくら安いのかというと、正確では無いのですが、+1円がなくなるくらいは安くなるそうです。

トラベラーズチェックの発行手数料は1%というのが相場らしいですが、シティバンクに口座を持っている人は、無料でトラベラーズチェックを発行できるらしい。

さらに、海外送金の場合は、日本の銀行が取る手数料に加えて、アメリカの銀行が取る手数料(約10ドル)が加算されるのですが、トラベラーズチェックの場合はありません。 ちなみに10ドルの手数料をとるところはBank Of America。 まぁ、どこのアメリカの銀行でもこのくらいでしょう。

トラベラーズチェックをなくした場合、再発行ができると言われていますが、必ずしも出来るということではありません。 この判断は発行したところに依存します。


日本に一時帰国したときに、暇があったらトラベラーズチェックを発行しに行くぐらいでちょうどいい。 めんどくさくて、少しリスク(チェック紛失)があるわりには、そんなに節約にはならないのが実際。




国際キャッシュカード


シティバンクワールドキャッシュカード三井住友銀行みずほ銀行では海外でもつかえる銀行のキャッシュカードがあります。(発行手数料1000円程)

アメリカにある、ほぼ全てのATMに対応しているので、どこでも24時間、お金をおろすことができます。シティーバンク、三井住友、みずほのどれかの銀行にお金を入れておけばいいので楽です。


少額(3万円以下)をおろす場合は国際キャッシュカードの手数料は1番安いです。

しかし、
高額(3万円以上)をおろす場合は国際キャッシュカードの手数料が、跳ね上がります。


国際キャッシュカードの換算率(めんどくさいので大体です)


3万円おろしたとする。
手数料=200円(キャッシュカード使用料)+200円(ATM使用料)+3万円×4%=1800円 (4%=3%+1円ぐらい)

10万円おろしたとする。
手数料=200円(キャッシュカード使用料)+200円(ATM使用料)+10万円×4%=4400円

50万円おろしたとする。
手数料=1000円(キャッシュカード使用料)+1000円(ATM使用料)+50万円×4%=22000円


おろす金額が3万円以下なら、手数料は国際キャッシュカードが1番安くなります。 旅行者などはトラベラーズチェックと併用して国際キャッシュカードを使うことをお勧めします。




シティバンクの海外送金



==================== 追記 ======================

まじぃ。。
シティバンクよりも新生銀行のほうが海外送金は安いかもしれない。

新生銀行のTTSが中値+0.4円とか。うそくさい、電話して確かめてね(新生銀行のカスタマーサービス、0120-456-860)。
んで、海外送金手数料が一律2000円。

問題は、海外送金するのに直接新生銀行の店舗に行かなければいけない。

そして店舗の数が全国に29しかない。
店舗の場所↓
http://www.shinseibank.com/atm/tempo_list.html

ついでに新生銀行の国際キャッシュカードは200円(キャッシュカード使用料)が無料。

=================================================


シティバンクの海外送金は一度に大量送金をする方にお勧めの送金方法です。

私が使っているのはシティバンクからの海外送金です。手数料は一律2000円です。親は郵便局のATMでシティバンクの口座にお金を入金(手数料0円)。自分でシティバンクのWebサイトから海外送金の指示をおくるだけです。

手数料
口座残高 口座維持費 郵便局からの入金手数料 海外送金手数料
50万円未満 2100円/月 105円/回 3500円/回
100万円未満 0円/月 (不確か)105円/回 3500円/回
100万円以上 0円/月 0円/回 2000円/回

なぜ大量送金をするか?

円が高い時に一斉におろすため。

じつは手数料なんかより為替相場の方が断然重要。
円が2円も円高または円安に振れれば、みみっちい手数料なんて吹っ飛びます。

円が安い時は、じっとこらえて円高になるまで、ぎりぎりの線で我慢します。
円が高くなったとき、一気に海外送金をする。


私はこの方法を使っていて、最近では104円になった時に150万円を送金しました。
その時、アメリカの銀行の口座には1000ドルくらいしか残っていませんでした。

円相場の流れをつかめ!、と偉そうに言いたいところですが、1年前までは、円高に向いていた風向きでしたが、現在は円がどちらに動いているのかさっぱりわからないです。 円安に向かうかと読んでいるのですが・・、なんだか優柔不断。


以上、無駄話おわり


シティーバンクで海外送金するための手続き

最初の海外送金の手続きはめんどくさいですが、それが終わると国際キャッシュカードに勝るほど便利です。親は郵便局から入金するだけ(お金は大変ですけど)、自分はシティーバンクのWebサイトから海外送金を指示するだけです。

1)シティーバンクに口座を持つ
日本のシティーバンクに自分名義、または親名義の口座を持ちます。シティーバンクのオンラインバンキングを利用できるようになります。しかしこの時点では、国内送金や、残高を見ることしかできません。海外送金はできません。

2)アメリカの銀行に口座を持つ
アメリカの銀行に口座を開きます。パスポートを持っていれば口座を開設できます。

3)シティーバンクから海外送金用の用紙を受け取る
日本のシティーバンクから海外送金をするための用紙を受け取ります。用紙は親に頼んで送ってもらいましょう。たぶん親は、よくわからなくて書き込めません。自分名義の口座の場合、用紙に自分のサインが必要なので、用紙を自分の所に送ってもらいましょう。親名義の場合は、たぶんいらないと思います(不確か)。

4)用紙に必要事項を書き込み、シティーバンクに送る
用紙にアメリカの銀行の口座番号、銀行コードなど必要事項を書いて、日本に送り返します。

5)シティーバンクに電話する
しばらくして(シティーバンクが用紙を受け取ったころ)、オンラインバンキングにログインしアドバンスメニューを有効にします。アドバンスメニューをアクティベイトさせるために、日本のシティーバンクへ電話かけます。(アドバンスメニューで海外送金ができる)

6)便利で安い海外送金方法、確立!
そしてパソコンを使って、シティーバンク オンライン サインオン画面から、いつでもアメリカの銀行の自分の口座へ海外送金ができるようになります。


お問い合せ先
シティバンク オンライン ヘルプデスク
日本国内から :0120-41-0956(フリーダイヤル)
海外から :81-44-540-6688(有料)


シティーバンクに口座を持っている人は、シティーバンクのクレジットカード シティバンクカード Click Here!に入会することをお勧めします。 詳しくは → 留学に:シティバンクのクレジットカードを利用する




JCBの送金名人


JCBの送金名人だと海外送金手数料が1回525円!
結論からいって、3万円~20万円くらいの海外送金なら、JCBの海外送金が1番有効です。


概要:
留学生のみが使うことができるサービス
留学生自身が申し込むことはできない、親(3親等以内の親類)が申し込むこと。
1カ月で送金できる限度額は50万円。


送金手数料はJCBが断然に安いのですが、問題は、レートです。
JCBはJP Morgan Chase Bankが使っている為替レートに1.6%を加えて円からドルに換算しています。

私はJP Morgan Chase Bankが使っている為替レートというのは知りません。
およそ一般的に表示されている中値とほとんど同じくらいだろうと予想します。

シティバンクは中値+1円で円からドルに換算しています。 およそ手数料は1%と見ていいでしょう。
それに対してJPモルガンは1.6%を加えて換算しています。 その差、0.6%。

JCBの送金名人
20万円の1.6%は3200円。 それに送金手数料の525円を足すと、合計で3725円の手数料がかかっていることになります。

シティバンクの海外送金
20万円の1%で2000円。 それに海外手数料の2000円を足すと、合計で4000円の手数料がかかります。


金額が高くなればなるほど、JCBが取る手数料のほうが高くなります。 逆に20万円以下の海外送金なら、JCBのほうが安くなります。


ちなみに、JCBと似た系統で郵便局の国際送金(銀行口座あて国際送金)があるが、JCBのほうが少々安い。 郵便局は基本手数料、400円~?に加えて仲介手数料12ドルなるものを取る。 レートは、“中値×1.016だと思います。”だそうだ。

郵便局の国際送金を詳しく知りたい方は→銀行口座あて国際送金 を参照に。もしくは直接、近くの郵便局の窓口へいって聞いてください。


他にも、海外送金の方法はいろいろありますが、現在の所、上の4つの方法が目的別にあった1番有効な送金・お金の持ち込み方法です。



JP Morgan Chase Bankの為替レートと、一般的に表示されている中値の違いがわかる方、教えてください。 その他間違いがあったら、教えてください。