ヒューレット・パッカード(HP)を救えるか?

しばらく、英字雑誌でも読んで感想文を書きます。

ずいぶん前にコンパックとくっついたHP(ヒューレット・パッカード)ですが、会社の中身が大変らしいです。

アメリカでナンバーワンの女社長でさえ解雇されてしまったし。
原因は、扱っている商品が多すぎるとか。

HPっていったらパソコンのイメージしかなかったんですが、実はプリンターぐらいしか利益がでないそうです。

8兆円くらいの会社価値があるHPですが

プリンターの価値が75%を占めていて。
企業向けのパソコンが15%くらい。
消費者向けのパソコンが2%くらい。


消費者向けのパソコンは、Dellにぼこぼこにやられ、企業向けのパソコンはDellとIBMに挟み撃ち。最近は、Dellがプリンターを売り出したから、HPは怖がっているそうです。


投資家の間では、会社を分けろアドバイスが飛び交っているそうな。
パソコン事業は生き残りをかけて、新しい会社にパソコン事業を投げ込んでサバイバルしろ、とさ。
パソコンとプリンターとの無理心中はやめてくれとか。会社を分ければ、パソコンが死んだとしても、プリンターで生き残っていけるからとか。


ヒューレット・パッカードどうなるんだろうな~。

ちなみに、僕のノートパソコン、ヒューレット・パッカード。


読み終わったら↓をクリックしてください。
人気blogランキング
クリックしてくれたら人気ランキングがあがるんです。

現在 地域情報(北アメリカ) Ranking 第43位