グレイハウンドバス完全ガイド (Greyhound bus)

アメリカを旅するのに一番安い方法が長距離バスを使う事です。アメリカにはもともとたくさんの長距離バス会社がありましたが、飛行機の発展にともない、競争をしていたら全ての長距離バス会社がつぶれるという事で、一致団結し1つの会社になりました。そしてできた会社がグレイハウンドです。



全米に3700個以上の停留所

bus_route.gif
詳細ルートマップ(PDF)

グレイハウンドバス
002.jpg

バスの中
073.jpg


運賃

アメリカの交通手段において、一番安い。
チケットセンターで運賃を知ることができます。

ちなみに、
ロサンゼルス-ニューヨーク間 3日間
139ドル(7日前にインターネット予約) 184ドル(シーズンオフ) 206ドル(シーズン中)
直前に買うと、料金が高くなります。

アメリカの住所とアメリカで発行したクレジットカードを持っている人は、
インターネットでチケットを購入することができます。
また、グレイハウンドバスのターミナルで購入することができます。


アメリパス

アメリカのいろいろな州を回りたいという人は、アメリパスと呼ばれるフリーパスが便利です。設定した期間内、バスが乗り放題になります。バスターミナル、またはオンライン(要:アメリカの住所とアメリカで発行したクレジットカード)で購入可。
アメリパス
10月1日から、5月15日の間でアメリパスを使って旅行する場合、
最大で80ドルオフになります。

また、外国人へは60ドルくらい割り引いています。

North America Discovery Passのルートと費用
乗り放題の期間として、4, 7, 10, 15, 21, 30, 45, 60 Daysがあります。
10月1日-5月15日の期間(割引済み)
4-Day $159.00
7-Day $219.00
10-Day $269.00
15-Day $309.00
21-Day $379.00
30-Day $419.00
45-Day $469.00
60-Day $559.00

それ以外(10月1日-5月15日以外)の期間は、+80ドルくらい加算されます。

日本で買いたい場合は、
H.I.S. Hotel Reservation CenterSouthgate Shinjuku Bldg. 2F Sendagaya 5-33-8 Shibuya-ku, TokyoT: 03 5360 4762
Japan Travel BureauNV Tomioka Building 87 2-1-9 Tomioka Koto-kuT: 33 284 7303
R&C Tours Co Ltd.3-18-11 Hatchobori Chuo-Ku TokyoT: 03-3297-3354


でも販売しているようです。
Updated on 6/27 2008 上記のところでは、もう販売はやっていない模様です。

ちなみに、アメリカにくれば、グレイハウンドバスのターミナルで普通に買うことができます。


グレイハウンドバスで必要な英語力

チケットを買うとき
 I want to buy Ameripass.(アメリバスちょうだい)
 Twenty one days.(21日のやつ)
乗車するときは運転手に行き先を聞かれます。
 New York!

基本的にこれでOK!

エピソード:グレイハウンドバスには、“お客様は神様です”精神がありませんので、従業員の対応がなめていることがあります。What~?(訳:ハァ~何言ってるの、このアホ)なんていわれることもあるでしょう。そんなときは「てめー英語が聞き取れねえのか!ぼけ耳が!」と心の中で思って、相手のせいにしましょう。気力で押し切るか紙に書くなりしましょう。私はナイアガラの滝に行くためにバッファローの出発時間をチケットカウンターにいる女従業員に聞いたところ、What~~?(訳:あんた何語言ってるか、あたしゃわからん。)状態。地図で指し示してようやくバッファローが通じたんですが、そこにいた女従業員は“パッパロー”と聞こえたと俺をバカにし始める。さらに、その女従業員は隣にいた女従業員といっしょになって、パッパロー、パッパローと二人して繰り返し唱えていた。その女従業員達、言うまでもなく黒人だった。


バスターミナルの場所

バスターミナルの場所

ほとんどのバスの運転手(他の会社、地元のバスの運転手)は、グレイハウンドバスのターミナルを知っているはずなので、その人たちに場所を聞くのがいいかと思います。

ロスアンゼルスのバスターミナルの場所のみです。ロサンゼルス空港より、空港(LAX)バス#3(C)にのりバスのトランジットセンターまでいきます。乗客が最初に降りるところ、駐車場に入ってすぐに降ります(乗って五分内には降りるぐらい)。バスの進行方向左手へ徒歩20秒。MTA(METRO:メトロ)#439に乗ります。バスの運転手に"Go to Greyhound bus terminal?”"Could you tell me when get there?" とまぁ適当に確認しておけば降りるところを教えてくれます。所要時間約一時間。降りる場所はDowntownの7th Street。そこより#439のメトロより進行方向右手の#60のMTAに乗ります。逆方向に行かないようにバスの運転手に確認しましょう。所要時間約10分。グレイハウンドバスターミナルに到着。ようはダウンタウン(Downtown)方面行きのバスならなんでもOKです。バスの運転手が必ず知っています。ただし必ず明るいうちに到着できるようにしましょう。ロサンゼルスのダウンタウンの夜中は容赦なく危険です。

利便性

  • 停留所:ほとんどがその町の中心または少し離れているところにあります。ですので、目的地に着いたら、すぐに観光を始められます。
  • 便数:バスの便数は、鉄道に比べてずいぶんあります。
  • 時間に正確:バスの運行はほとんどの場合は正確です(±20分)。ですが12回乗った1回だけ2時間待たされたあげくに、そのバスの便がキャンセルされたという事がありました。
  • チケット売り場の混雑。特に大都市のバスターミナルのチケット売り場は異常に混みます。ロスアンゼルスのバスターミナルが混んでいたためチケットを買うのに1時間かかりました。しかし裏技があります。ここで登場アメリパス! このチケット、一度買うだけで、二度とチケット売り場に行かなくてすむのです。自由にバスの乗り場まで行って、予約もせずともバスに乗り込めるのです。しかもチケット売り場の人は何をボケているのかベストなチケットを売りません。例えば、9am.出発のバスがあるのに、10am.出発のバスのチケットを売ったりします。ゆえに、皆さんアメリパスを買って自由気ままにバスに乗りましょう。(ちゃんと行き先は確認してね。行き先はゲートナンバーの近くに書いてあったり、バスの運ちゃんや周りの人に聞いたりしましょう。)
  • バスの再乗車、乗り換え時の注意。再乗車のことを“Rebording”と言いバスを一回降りて、少ししてからまた同じバスに乗車することです。乗り換えのことを“Transfer”と言って違うバスに乗り換えることをいいます。主要都市に着くとバスに乗っている乗客は全て降ろされます。再乗車する人はバスの燃料補給や掃除が終わるまで、バスターミナル内で待たされます。一度バスの再乗車に失敗してバスは俺の荷物をのせたまま、そして俺を乗せずに旅立ってしまったことがありました。

安全性

  • 都市のバスターミナル内には常時2ー3人の警察官がいます。ですのでバスターミナル内で問題を起こしている人は見た事はありません。しかしバスターミナルの外は治安が悪い所が多く、特にロスアンゼルスのバスターミナルの外は危険です。夜にうろついたのもなら瞬時に襲われる事を覚悟してください。
  • バスの中はいったって平穏です。たまにガキが泣き叫ぶくらいで…。しかし最近(2002年10月)に2人のバカが何を思ったのかバスの運転手をナイフで襲い、バスは横転、死者2名、けが人50名をだしたとか。まぁこれはまれなケースなのでそれほど心配しなくて大丈夫かと思います。バスの中は十分に安全ですが完璧に安全ではないという事だけ知っていればOKです

快適度

  • 座席:バスのイスは快適とまではいかないにしても良く作られています。
  • 休憩:2-3時間に1度の割合で休憩時間があります。10分から30分の休憩で外で食事を取ったり、トイレに行ったりできます。
  • トイレ:全てのバスの中にトイレは完備しています。が使わないほうが無難。紙がないことは当たり前、そして何より汚い。
  • 冷暖房:バスの中はクーラーが利きすぎているので、短パン、T-シャツは避けましょう。
  • ちょっとアドバイス:長時間バスに乗る人は、隣の席を死守しましょう。空席かそれとも誰か座っているかによってかなり快適度が変わります。隣の席を空けることによって、かなり楽な姿勢で眠れる事ができます。具体的な方法は、前から3-5列目の席に座る、隣に荷物を置く、ひたすら何か別のことをやる。バスの席が95%ほど埋まってしまったらあきらめて荷物はどけましょう。どかさないとバスの運転手がやってきて注意されます。

グレイハウンドバス最新情報

最近グレイハウンドバスに乗る機会があり、その最新報告書。
DCP_1260.jpg


ロサンゼルス、ダウンタウンにあるグレイハウンドバスターミナル内です! どいつも、こいつも貧乏人!! いぇーい! (すみません・・

報告したいのは、この後!!

 

DCP_1261.jpg

DCP_1262.jpg

 

な、なんと、グレイハウンドバスにテレビがついた!! 一瞬、魚群探知機かと思わせる風貌ですが、こいつはテレビです! 貧乏人の諸君、これでロスからニューヨークまでのグレハン3日間の旅も楽勝です!

が、私がのっているあいだ一度もこの魚群探知機型テレビがつくことはなかった。。(全部のグレイハウンドバスに、このテレビはついていません。一部のグレハンバスだけ)