アメリカの巨大スーパーでの買い物

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
アメリカのスーパー、巨大です。

野球場くらいの広い駐車スペースに、
日本の普通のスーパーの4倍以上ある、売り場。(適当

アメリカのスーパーは一階建て。

なお、ここでは全米に展開している個人向けのスーパーと、その使い方を紹介します。


節約事項

割引には会員カードが必要です


初めて、アメリカのスーパーに入る人は必ず混乱します。

値札に、
Buy One, Get One Free!
$2.00 with club card!
$1.00 when you buy 10!

などという値札が入れ混じっています。

ちなみに私はこれらをすべて理解するのに、一ヶ月くらいかかりました。

Buy One, Get One Free!
→1つ買ったら、1つおまけ
1つの値段で2つ買うことができます。
これを知らないと、とても損します。

$2.00 with club card!
→会員カードで$2.00
スーパーには独自の会員カードがあり、それを使うことにより割引が適用されます。
会員カードがないと、倍の値段がかかることもしばしば。
会員カードで、50%OFFになることを目指して、食べ物を買いましょう!

$1.00 when you buy 10!
→同じものを10個買うと、1つに付き1ドル
10個未満の場合は、1つの値段が上がるはずなのですが、
これは脅し文句だけで、実際のところ、1つでも1ドルで購入できることがほとんど。


シーズン価格を利用しよう


最たるシーズン価格は、文房具!
いつも1冊1ドルで売られているノートが、
シーズンになると、1冊10セントで売られます。
ノートのほかにも、ペンや、その他の文房具が激安になります。

シーズン価格は、主に学校の新学期が始まるときに発生します。


飲み水を節約 給水所


店内で買うと、1ガロン(4リットルくらい?)、1ドルくらいで水が売られています。
店外には、給水所があり、1ガロン25セントで水を入れることができます。

車を持っている人は、よく給水所を利用しています。
アメリカの水は危険というわけではないのですが、
水道水を直接飲む日本人は少ない。
(沸かすか、買った水を飲む)




店内事項

店内は寒い


やや寒いです。
でも、アメリカ人なら半袖です!


カートを転がします コロコロ


買い物かごもありますが、カートを使っている人も多くいます。
だいたい半々くらい。

とてつもない量を買っていく人が多いのが特徴。
カートを転がしています。

カートは店外へ転がしていっても問題ありません。
自動車がない人で重い荷物を買う人は、
家までカートを転がします!(もしくは最寄のバス停まで)


銀行のATM装備


スーパーには銀行のATMが装備されています。
買い物のついでに、お金を下ろしていくのに便利です。


今をときめく牛肉(with 狂牛病?)


普通に売られています。
アメリカでアメリカ産の狂牛病の話なんて聞いたことありません。

ちなみに、私も気にせず食べてました!




支払い事項

支払い自動化 by 機械君


自分で買うものをスキャンして、袋に入れます。
全部終わったら自分でカードを機械に入れて支払いをします。

この支払い自動化機械君は、
すいている場合が多いので、
支払いはだいたいこれを使います。

機械君が文句を言うことが結構あります。
(スキャンしてねぇぞ! by 機械君)
あまり気にとめずに、全部スキャンしましょう。

だいたい6台の機械君があって、
1人の店員が中央で適当に監視しています。


支払い to 店員


支払い自動化機械君がない場合は、
普通に店員を使って支払います。

店員が、袋に買ったものをつめます。
“Plastic or Paper”
→袋は、プラスティックの袋か、紙袋、どっちにする?
好みで答えましょう。


支払いの最後に、
“Do you need help?”
→買ったものを車まで持っていきましょうか?
と聞かれることがありますが、
通常Noといっておきます。

値段が間違っていることがたまにあります。
そんなときは、それを支払い後に指摘すると
その商品がタダになります!

ちなにみ、私は2回ほどタダになったことがあります!




お店別の特徴事項

Albertson(アルバートソン)

・主に食料品
・安い
・会員カードは無料


Ralph's(ラルフズ)

・主に食料品
・そこそこ安い
・会員カードは無料


Von's(ボンズ)

・主に食料品
・普通
・会員カードは無料


Costoco(コストコ)

・主に箱単位の食料品、自転車・パソコン・その他いろいろ売っています
・一番安いけど、個人で買いにいくところではない
・少なくとも2人、できれば3人以上で食べ物をシェアして購入するならとてもお買い得
・会員カードは有料(年間費60ドル?)
・安いホットドック(+ピザ)屋がくっついている
・↑ホットドック+ジュースで1ドル60セントくらい
・ジュースはお代わり自由!(ステキです)
・毎週ホットドック屋だけ利用していたことも・・




疲れたから、
いったん中断。

ぼちぼち校正します。