大学の要求するTOEFLスコアを独学で満たす、の巻(決意編)


お金のある人は即渡米、現地でESLに通って下さい。と言うより通わなければいけません。
ただしESLでTOEFLスコアが上がるというのはジョークです。学生生活に必要な英語力のアップという面ではESLよりも現地に長く滞在することで可能になるでしょう。

このサイトで既に出ている結論を継承しますが、であればESLは何の役に立つのか、と言うことです。

TOEFLスコアを効率的に上げるには、TOEFL対策用の学習をしなければなりません。
勿論、同じ英語ですので、英検の参考書を勉強したとしても、高校の教科書を勉強したとしても、アメリカに滞在して生の英語に触れたとしても、TOEFLスコアは自ずと少しは上がるでしょう。

しかしながらその逆を言えば、英検であれ高校教科書であれ、あなたがアメリカで学生としてやって行ける英語力や総合力を養うには不充分であり、また現地の生活が長いからといってTOEFLスコアを上げるという目的においてはこれもまた不適当なのです。

であれば、なおのことESLはなんの役に立つのか、その明確な答えを見出すことが出来ません。あえてフォローを試みるならESLのテストスコアや成績を上げるためには有効な手段と言えるでしょう。では留学生に必要な英語力を含む学生としての総合力向上については? 少しは役に立つでしょうが、これは何もそれがESLだからではないでしょう。講義とホームワークと図書館、講師と学生、そして試験、これらの構図を満たすことの出来る数多くの内の一つであるESLは、実践的な学生生活のロールプレイングとして機能できるからです。

それではESLは有用ではないか。確かにここまでならそう結論できます。ただし落とし穴があるのです。

もしもESLが、編入やあるいは卒業に必要なGEやIGETCを満たすことが出来るのなら、そうです。所が、それは原則、出来ないのです。
そして、まともなTOEFLスコアを持たない留学生は、所定のESL課程を修了するまで、大学への正規入学は認められません。つまり大学生ではないのです。

このことによって生じる経済的負担は極めて重いものです。
日本で準備していけば浪費することのないESL授業料だけではありません。基本的に、ESLを履修すると編入や卒業までにかかる期間が延びるため、その分授業料よりはるかに高くつく生活費がかかります。下手をすれば渡米後、コミュニティカレッジを卒業するまでに3,4年、或いは・・・ などというおぞましいことになりかねないのです。こともあろうに「・・・」の部分まで行ってしまった場合は、それはもはや自己留学ならぬ事故留学です。

ここでの結論は一つです。渡米前にTOEFLを学習し、スコアを満たしましょう。


予備校や塾に通うことも選択肢の一つですが、ESLを特にその費用面において否定している観点から、ここでは独学によるTOEFLを提唱します。

目標は個々人において設定します。
目安の基準は、

TOEFL(PBT)TOEFL(CBT)TOEFL(iBT)
MAX677300120
趣味のTOEFL 650280114-115
大学院・大学(難関)600250 100
大学(中上)or 大学院(普通)55021379-80
大学(普通)50017361
短大45013345-46
高校4009732
日本の高校生(平均以下)3506319-20
最低スコア3100-400-12

です。

TOEFLは留学のための通過地点ですので、基準を満たせばお別れです。後に上位機関への進学を考えている人はそのスコアを目指して下さい。
4~6ヶ月の間に参考書群を一通り終わらせます。


以降、実践編はTOEFLカテゴリへと引き継ぎます(まだ書いてないけど。。。