嵐の夜、孤独な夜、異国の地で病気になる

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

昨夜は悲惨であった。みぞおちがどんどん鈍く痛み出して寝れない。ああいうのははじめてである。ネットで調べて見ると「ゲップ、みぞおち、痛み」等で病名が出てくる。潰瘍か? 自分では決められないが、ほとほと不安であった。


CNNではドイツが今珍しい国全体を覆うストームに見舞われていると言っていた。だから風が強いわけだ。こんな風の強い夜に何をしろというのだ。タクシーの呼び方も分からない、大家に助けを求めるのは気が引ける、病院はどこだ、こんな異国の地で孤独の中での不健康はとても惨めだった。

このままでは寝れないと思ったが、孤独の淵で対外的な接触を試みることを例によって拒んでいた。もしかするとこのまま死ぬかもしれない。母のことが思い出された。確かに、このままでは部屋で突然死してもおかしくはない状況だ。寂しいものだった。このまま死んだらどうなるだろうと思った。どうか痛みが自然と引いてくれることを願った。ほらみろ、こんな時にこそ役に立たない神頼みである。


STEPINに電話しようか、でもどうやって、英語を喋らんといかん。というか明日にできないか? 何とか今日の内はこのまま寝入って明日になって行動を起こせないか? 今回でこそこれで一時的には間に合ったかも知れないが次回は分からない。もう目覚めなかったかも知れない。


上腹部に違和感が朝起きてからもあった。げっぷが出た。おそらく何かある。このまま国へ帰ろうかでも明日にかえれるわけでなしと昨夜思っていた。日本の方が勿論精神的に楽だ。このまま放って置いても問題は解決しない。まず起きてSTEPINに電話した。


女が出た。ドイツでは北米と違ってどこの医者に行っても良いらしい。どこに行けばいい医者の探し方分からないというと、向こうは私も分からない自分で探せと言った。恐ろしい出来事である。一刻を争う時には救急に電話した方がよいことを悟った。だが今回のが一刻なのか二刻なのか分からない。救急の呼び方さえ分からない。旅行本を漁って調べてみたりしていた(昨夜)。適当な英語とドイツ語で科の名前を言われて、英語のサマリーだけ聞き取った。あとは自分で調べろ。グーグルマップで調べてみたが良く分からない。


ドイツ語の科の名前をもう一度聞くためにまたSTEPINに電話した。今度は男性が出た。さっきの担当員の名前を言うと彼女いまいないらしかった。ある意味幸運であった。その男性が再度私の話を聞いてくれ、イエローページを調べて医者の名前と電話番号、住所を2つも教えてくれた。住所のスペルが聞き取れずに再三聞き返したが、気長に付き合ってくれた。科の名前を男性が教えてくれた時も、英語でのその名前に自信が無かったからかわざわざ辞書で調べた上で教えてくれた。「内科」である。


ここでまた新たなことを学んだ。外国にて、教育のなってない人間に助けを求める時は「男」に求めること。これは些細な事から重大なことまでを含む。例えば些細なことでは、女に道を聞いては断じてならない。一方、プロフェッショナルに助けを求めるのなら女。こちらが男だと話しやすいのもあるし、看護士なんて認めない看護婦だ論にもある種通じるものである。ただしプロフェッショナルでも道は聞いてはならない。教育のある女は最高だ。教育のない女は悪夢だ。


教えてもらった電話番号に電話。とうぜんドイツ語の受付(女)が出たが英語で話せますかと聞くとドクターに代わってくれた。今日の14:45に予約が取れた。さてどうなることやら。まったくなんて俺はついてないんだ。またみぞおちが痛み出してきたぞ。