個人売買―テキサス在住日本人(留学生含む)がカリフォルニアで車を買う方法

先日カリフォルニアで車を買ってテキサスに帰って来た記者の経験より。

個人売買。。出来ることなら日本人から購入したい。クレイグスなんかで得体の知れない移民が乗り回した廃車をつかまされるのはご免。。だったら、びびなびで日本人から車を購入したい。。という人へ。

カリフォルニアで車を買っても、タイトルトランスファーと車両登録はともにテキサスで行います。普通に考えて、カリフォルニアにいる売主がテキサスまで同行することは不可能と思いますので、手続きに売主と買主が同行できないという点で州内取引とは異なります。

売買の成立から20日以内にタイトルトランスファーと車両登録を済ませます。この二つはCounty Tax Officeで同時に済ませます。

私は支払いにキャッシャーズチェックを使用しました。売主とともにバンカメに行ってその場で自分の口座からキャッシャーズチェックを作成、そしてその場で売主がチェックを現金化します。いくらで売買したかの記録を残したかったため。


1. 売主からタイトルをもらう

タイトルに売主(現在の所有者)の署名、住所、当日の日付、購入価格などを記入してもらう。テキサスでタイトルトランスファーをする際でも、カリフォルニアのタイトル(ピンクスリップ)でOKです。車が10年以上古くない限りは走行距離も記入してもらう。ここで記入漏れがあった場合、あとあとテキサスに戻ってから売主に改めてタイトルを送り返して記入してもらう必要が出てきます。そうすると定められた15日以内にタイトルトランスファーが出来なくなる可能性があります。

で、実は当の私が売主の記入漏れをCounty Tax Officeで指摘されています。どうするか悩みましたが、売主の署名もその他記入事項も私が自分で書き足した上で提出。時間的なロスを避けるためにはこれしか無かった。(自分で書き足す前に売主に電話で許可をもらっても良いが、無くてもいいような)


2. Texas Certificate of Title (Form 130-U)に売主に記入してもらう

http://www.uhcu.org/files/Texas-Certificate_of_Title_App_VTR-130-UIF.pdf

で入手可能。これも売主の署名が必要なので、カリフォルニアで売主とやり取りしている時点でみんな書いてもらいましょう。記入漏れがあってもあとあと自分で書き足してもいいです。


3. セラーにthe vehicle registration receipt(車両登録のレシート)をもらう

カリフォルニアでレジストした際のレシートをもらう。これって無くてもいいのかなあ。でもDMVのサイトにはそうと書いているし。私はちゃんともらって提出しましたが、ただパッと見しただけで返されました。


4. 売主の名前、住所、などの情報を聞く

これは安全のためにまとめてメモして置きましょう。手続きに必要とかいうものではないです。


5.保険に加入する

私の場合は加入の際に車のVINナンバーが必要でした。テキサスからカリフォルニアに出発する時点ではまだ、実際にどの車を購入するか決めていなかったので、この点で出発前に保険に加入することは不可能でした。保険加入は従って売買が成立した直後に行うことになります。

加入はインターネットか電話で行います。インターネットの方が活字で情報を確認できて有利ですが、売主にインターネットアクセスを提供してもらわない限りは、スターバックスに行くかその他のホットスポットを探して自前のPCでアクセスするしか方法がありません(知らない土地でホットスポットを探す方が大変)。

私の場合、まさに上記の状態で、車を譲り受けたあとに無保険で1マイルほど運転してスターバックスを探し、そこからインターネットにアクセスして保険の契約内容を確認しました。保険会社はGEICOです。

そもそも無保険で運転することは違法です。この危険を回避するためには、まず、テキサスであらかじめ加入する保険会社を決めていき、保険内容等をHPからプリントして置き、カリフォルニアまで持参するのが良いでしょう。そして契約は、車の売買成立後に携帯電話から行います。

私も当初はネットからアクセスして手続きを開始しましたが、途中で分からないことがあったのでHPに書いてあった電話番号に電話しました。するとその時点でネット上の手続きを放棄して電話で契約することになり、結局電話で全て事足りてしまいました。ただし、プリンターが無いので、あとあとPDFファイルで送られて来るポリシーをプリントすることが旅先では出来ないです。私はプリントしないままテキサスまで運転して帰って来ました。

車購入に当たっての保険加入はかなりわずらわしいです。一番いいのは、売主の家でインターネットへアクセスさせてもらい、保険会社のHPで契約すること。英語を話し聞きする不安もないです。売主の家にプリンターがあればなおさら良いです。さもなくばテキサスから持参した保険の内容等書いた書類を片手に携帯電話で契約することになるでしょう。(数マイル無保険で運転してほっとスポットを探すというような危険を犯さない限りは)

また、保険はカリフォルニアの保険ではなく、テキサスの保険が必要です(各州ごとに必要最低限の保険事項が異なる)。そして、カリフォルニアについてから近場のAAAやその他保険のエージェントなどのオフィスに行っても、テキサスの保険に加入できない可能性が高いと思います。私の場合は近くにあったAAAのロングビーチオフィスに行きましたが、そこからテキサスの保険に入ることは出来ない(テキサスのオフィスまで電話しなければならない)といわれました。

従って、カリフォルニアにいながらにしてテキサスの保険に加入する方法は、一般的に電話かインターネットしかないと思われます(稀に州外保険を扱うエージェントがあるかもしれませんが、見つけることからして困難)。

また、電話の場合でも、全国に展開する保険会社の全国統一の電話番号に電話した場合、最初はその州のオフィスにつながるので注意してください。やりとりの最初にテキサス州の保険に入りたいのでそこに(GEICO テキサスの場合はダラスだった)つないで欲しい旨伝えれば時間の無駄が省けます(言わなかったとしてもあとあとテキサスのオフィスにつながれると思いますが。

なお、保険証書のPDFファイルはOffice Max, Office Depot, Staples等の事務用品店でプリントできます。


6.無事保険に加入したあとは、最低約15日以内にテキサスに帰ってきましょう。それまでは旅行してもかまいません。保険加入後に近場にあるAAAのオフィスまで運転して行って会員になるのもいいかもしれません。私もそうしました。カリフォルニアのロサンゼルスからテキサスのオースティンまでは二泊三日かかりました。プレミアかなんかで一年100ドル弱です。

運転の際に注意しなければならない点は、ブレーキをかけてから完全に停車するまでの時間と距離が日本の感覚に比べて長いこと。時速60マイルが時速60キロほどに感じられてしまう。。特に雨天の際は細心の注意を払って下さい。道路は渋滞し、視界は悪くなり、車はすべり、で前の車に追突しかねません。


7.売主が車のナンバープレートを外した時

これは私のケースとは異なります。売主がナンバーを外すケースは、そのプレートが特注のもので(アメリカでは自分の好きなデザインのプレートを作ることが出来る)ある場合とかでしょうか。この場合は、テキサスまで合法的に運転するためには仮のプレートが必要になるようです。

プレートは英語ではtagsと言います。Texas Department of Transportationによれば、(https://vision21.txdot.gov/Vehicle/VehicleLookupForPermit.aspx)

売主がナンバープレートを外してしまった場合、買主は仮のナンバープレートをCounty Tax Officeにて入手する必要があるとか。(vehicle transit permit)詳しいことは不明。近場のオフィスに電話して聞いてください。可能なら、売主のナンバーをテキサスに行くまでの間かりて、帰って自分のナンバーをもらってから郵送で送り返す方が面倒が省けそう。


8.State Inspection

テキサスに帰ってから次にすることは、近くの車修理屋でもなんでも、たくさんあるので、そこへ行って「state inspection」をやってもらって合格の書類をもらうこと。テキサスの中にはエミッションテストが必要なCountyとそうでないCountyがあります。オースティンのあるトラヴィスは必要。State inspectionはブレーキランプとか、その他の簡単なチェックで、どこも一律30ドル弱。このときに自動的にエミッションテストもやってくれるはず。エミッションテストは排気ガスのテスト。エミッションテストに合格してもらえる書類をGreen Sheetといいます。エミッションテストと言っても通じない場合があったので注意してください。Green Sheetが欲しいとそのまま伝えましょう。

→State Inspection合格の書類とGreen sheetを入手。


9. 手続きの際の費用

The motor vehicle sales taxは購入価格の6.25%、その他the title transfer料、registration and local feesを支払わなければならない。実際に総額でいくら支払わなければならないかはCounty tax officeに問い合わせる。

カリフォルニアでは、500ドルで買ったことにすると税金を支払わなくて済むとか言う話でしたが、テキサスでは購入価格ではなく相場価格の6.25%を支払う必要があるようです。ギフト扱いにすれば税金を支払わずにすむのかな。私は500ドルで買ったといったにも関わらず相場価格4212ドル分の税金を払わせられました。

その他諸費用当合わせて$359.80でした。これはタイトルトランスファーと車両登録の際の費用込みです。


10. 保険の証明(Liability insurance)をプリント

これがなければ, 全ての手続きは開始されない。

先述のように事務用品店でプリント可能。


11. さ、ようやくcounty tax officeに向う。

持参するもの

A. Title
B. Form-130U
C. Insurance policyのコピー
D. State Inspectionの合格書類
E. Green Sheet(エミッションテストが必要なカウンティのみ)
F. 支払いのためのカードかキャッシュ
G. 売主のレジストレーションレシート


結構大きなオフィスでした。30こくらいカウンターがある。タイトルのトランスファーと車両登録をしたい旨告げればあとはOK。ナンバープレートもその場でもらえます。

《了》


※質問、情報の補足等ありましたら投稿して下さい